ブランドの靴

メンズファッションでジャケットのコーディネートを作る事には、昔から色々な変化がありました。
以前はビジネス調の紳士的なイメージからの派生で、比較的固いイメージで作るのが主流でした。
身分も高い人が身に付ける衣装と言うイメージであって、私服として一般人が気軽に着るようなスタイルではありませんでした。
しばらくして、取り入れられたファッションスタイルがセーターとの合わせ方です。
セーターの下にシャツを着て襟を出すスタイルは、昭和時代から多くありました。
その頃から、少しずつファッションを私服で気にするような流れが起きてきて、人々のセンスに変化をもたらします。
そこで生まれたのが、ジャケットを上に羽織るスタイルです。
シャツとセーターをインナーにする事で3つのオシャレが楽しめる、少し個性あるスタイルに変化したのです。
インナーがシャツだけであると少し硬いイメージになってしまいますが、セーターを加える事で柔らかい雰囲気を出す事に成功しました。

今後人気なトレンド

今後もこうしたセーターをインナーに切るような流れは、一部の層で定番となっていくでしょう。
特に、30代から40代にかけての男性は、非常に扱いやすく親しみのあるファッションとなります。
保温性もあるので、健康を考えても非常に優秀なファッションと言えます。
機能面でもファッション性でも優れた形なので、安定して良いファッションなのです。
しかし、若者の層であれば暑苦しく感じる方もいるかもしれません。
冬の寒い時期にしか通用しない事もあるし、若々しさを出すために爽やかさも演出したい所です。
そこで冬場に活用したいインナーがパーカーです。
これは外に着るのではなく、ジャケットの中に着ると言うのがポイントです。
もちろんブカッとした大きなものではなく、インナーとして着れるような比較的薄いものを選ぶのがコツです。
あえて少し大きめのものを着る事もありますが、難易度の高いファッションです。
まずは、薄い生地のパーカーを買って組み合わせを試してみましょう。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031